当サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。

EOS R5mark2リリースの噂は実現?発表はいつ?自身の考えもあわせて解説!

ガジェット

こんばんちは!

春もあっという間に過ぎ、早くも夏を感じさせる時期になりましたね。

過ごしやすい気候になり、引き続き写真撮影が捗りますね^^

実は2024年に入ってからこんな記事やツイートをよく見かけます。

「EOS R5に後継機現る!」

「EOS R5mark2が発表される時期が近いのでは?」

といったフレーズです!

これらのフレーズを聞くたびにアンテナを張らずにはいられません!笑笑

一時期、2024年2月ごろに発表され、CP+2024(2月22~25日開催)で展示されるのではという声も上がっていましたが、実際出ていなかったですね(;^ω^)

なぜ今までよりこんなに話題になっているのか、現在わかっている情報とあわせて考えてみました!

これからお伝えする情報はあくまでであり、正確性などは一切保証されていません。
また、僕の主観が混じっているため、一部間違った内容を伝えている場合があるかもしれません…この点についてお許しくださいm(__)m
この記事でコメント開放します、そちらに補足と修正等ご指摘いただければ幸いでございます。
(スパムおよび日本語以外のコメントはスルーさせていただきます)

現役モデルのEOS R5について

現在発売されているEOS R5は2020年にリリースされた、プロの方にも愛用されているモデルです。

画素数が約4500万画素だけあって高画質な写真と動画が撮れる優れものです^^

画素数がすべてというわけではありませんが、特に暗い場所での撮影や風景写真を撮る場合、ノイズなどの乱れがなくクリアに写ったことに越したことはないはずです!

EOS R5の主な特徴は下の表の通りです^^

(有効)画素数最大約4500万画素
ボディ内ブレ補正5軸補正・最大シャッター速度(SS)8段の手振れ補正
測距輝度範囲EV -6~20
SS範囲30秒~1/8000, BULB
ISO感度ISO100~51200
シャッター耐久回数50万回
連写速度(メカシャッター使用時)最高12コマ/秒
連写速度(電子シャッター使用時)最高20コマ/秒
BluetoothBluetooth5.0
8Kビデオ撮影 DCI29.97fpsなど
スロットCFexpressとSDメモリカード(UHS-II対応)
DIGICDIGIC X

シャッターコマは、電子シャッター使用時で最高20コマ/秒、
メカシャッター・電子先幕使用時で最高12コマ/秒

というようにコマは速く、シャッター耐久回数は50万回ほどです。
これは驚きました!!

EOS Rシリーズとして初のボディ内ブレ補正機構搭載、これは大きかったです^^

なんとビデオ撮影では8Kも!!
ただしそうとなると当然読み込み速度に負荷がかかるうえにUHS-IIでは賄いきれないので、読み込み速度を強化したCFexpressが追加されました。

BluetoothではEOS史上初の5.0に対応しています。

EOS R5mark2 が今話題になっている!

では、EOS R5mark2が今話題になっているので、いろいろ調べて掘り下げてみました^^

キヤノンが認証機関に未発表の機材を登録済み

実は今年4月19日、キヤノンの未発表カメラで認証機関への登録情報が
中国版Twitterと称される「weibo」にてすでにかかれています!
参照:E8M_8888 (https://m.weibo.cn/status/OauiH0JWS?jumpfrom=weibocom)

実際の投稿を見るとどうやらビデオカメラと記載されているが、下のDSから始まる項目はスチルカメラ(一般に言われているミラーレス一眼)だといわれているそうで、だいたいEOS R5mark2とEOS R1であろうと予想。

早いところ、2024年2月に認証登録されているので、発表までそう遠くないと考えました!

EOS R5mark2の主なスペック・発売価格(予想)

では次に、EOS R5mark2の主なスペックと新しい機能紹介、そして発売価格をEOS R5と比較しながらお伝えします!

あくまで予想段階なので食い違いがあるかもしれないこと、ご理解いただけると幸いです^^

主なスペック

EOS R5mark2 の主なスペックを、R5と比較するスタイルで表にまとめました!
R5と異なる場合のみ、R5mark2 は下の青太字で記載しました。

画素数は変わらないみたいですね…4500万画素自体とてつもなく高画質ですしね^^
大注目される点は、被写体認識などの性能(新しいDIGIC)8K動画撮影、といったところでしょうか。

(有効)画素数最大約4500万画素
ボディ内ブレ補正5軸補正・最大シャッター速度(SS)8段の手振れ補正
測距輝度範囲EV -6~20
SS範囲30秒~1/8000, BULB
ISO感度ISO100~51200
シャッター耐久回数50万回
(メカシャッターがないため)
連写速度(メカシャッター使用時)最高12コマ/秒
(メカシャッターがないため)
連写速度(電子シャッター使用時)最高20コマ/秒
最高60コマ/秒
BluetoothBluetooth5.0
8Kビデオ撮影 DCI29.97fpsなど
8K RAWも使用可能
スロットCFexpressとSDメモリカード(UHS-II対応)
DIGICDIGIC X
新しいDIGICバージョン(名称未定)
EOS R5mark2のスペックは青太字で記載(上段がEOS R5)

表のほかに、メカシャッターをなくしたり、連写速度を上げたり、いろいろな気になる特徴がありますよね!

積層型ではなく裏型照射型を採用するため、ローリングシャッターのデメリットが抑えられることが期待されてます^^

ローリングシャッターについてと課題について下の記事でお話しています♪

最近話題の「グローバルシャッター」とは?メリット・デメリットも解説!
この記事で、グローバルシャッターとは何か?メリットとデメリットも交えながらわかりやすく解説します!シャッターには3種類あって、メカシャッター、電子先幕、電子シャッターがあります。電子シャッターの「グローバルシャッター」という形式があるのをご存じですか?

新しいDIGICが搭載される噂が色々なサイトが口をそろえて出てきているので、現役モデルのR5の動画撮影時に伴う熱問題もよく聞くので、もし実現したとしたらmark2で改善されるといいなと思います!

発売価格

この記事を訪れた方であれば大抵気になるであろう「発売価格」。

いろいろな憶測が飛び交っていますが、個人的には4000~4500米ドル、すなわち60~70万円になるのではないかと思っています。

というのは、過去のR6mark2もR6より当初価格10万ほど高く設定されてたというのがまず1つ(EOS R5の当初価格が55万円ほど)、

そして8K撮影による処理性能、新しいDIGICを採用するというのもあり、ひょっとすると70万に到達する可能性もあると思います。

なんといっても、こんにち進み続ける円安の影響もあり、為替レート次第では60~70万より高くなってしまうのではないかと推測しました。

発表・発売はいつなの?(予想)

先ほども述べたように一時期2022年末(R6mark2として実現)、次にCP+2024でリリース、展示というふうに言われてきましたが、いざその時になると噂は静まりました。

そしてWeiboでの認証登録の投稿も相まると2024年5月に発表、
だいたい過去のラインナップでは発表から1~2か月経ったら発売されるスタイルなので
発売は2024年6月~7月なのではと予想してます。

他の複数の予想とソースを参照比較してもほぼこのあたりであることも分かりました。

さいごに

昨今、EOS R5mark2が実現するという説は強くなってきたのですが、Canon Rumorsによるとまだ確証されていない、というところがほとんどなので、過度に期待せずに、こんなのがあったらいいな!程度に楽しみながらリサーチするのが良いですね^^

R6mark2を使っているんですけど、画素数も動画撮影も十分すぎて、これよりハイスペックなモデルがうまく想像できないです笑笑

ローリングシャッター現象抑制と、メカシャッターレスに切り替わることでシャッター耐久を気にしなくていいところは、連写・動体撮影をよくする自分としてはホント魅力的です!!

今までのモデルは動画撮影時間に縛りがあるので、R5mark2で縛り解放、熱問題の解決ができればぜひとも欲しいモデルです^^

これからのR5mark2最新情報に期待ですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました